2015年04月20日

「親戚の小学生の算数の文章題がおかしい」を製本してみました

なろうの活動報告には書いていたけれども、あちらには写真とかうpできないのでブログに掲載することにします。

製本までのおおまかな経緯
1,製本直送という一冊から製本可能なサービスを知る
2,小説をOpenOfficeのWriterに貼り付けて縦書にしてフッタにページをつけてPDF出力
3,表紙が必要なのだけれど内容に見合った物が手元に無く、とりあえず昔とった近所の青空の写真にタイトルだけ入れる
4,製本直送に申込む
5,製本が到着してテンション上がる

で、実物の写真はこんなかんじ。

はい、表紙!
結構荒く扱ってるので、フラッシュで傷跡があちこちに浮かんで見えます。
cover.jpg

はい、厚さ。
約1cmの厚さです。
「親戚の小学生の算数の文章題がおかしい」と「親戚の小学生の年度末テストがおかしすぎる」を2つとっつけているだけなんですが、なろう形式のため空行が多いので文字数のわりに約200ページほどあります。
side.jpg

はい、中身。
余白設定に難がありました。
もうちょっと縁に余白があると思ったんですが、案外余裕がありません。
あとちょっと字が大きかったかも。
児童書レベルと言われました。
inner.jpg

余白設定は単純に自分のミスで、千円せずにこの出来の製本というのは超満足です。
このままいろいろ作っていこう!!という気分でるんるん♪です。(死語)

で……なんと、製本直送で本をつくるとDLmarketというサイトで販売できるようです。
在庫ゼロで同人販売できるなんて面白すぎる!
ということで登録してみました。

ちなみにこのときに名前が必要ということで、「さすがに『未だ考え中』じゃなぁ……」ということで今の名前をつけました。

唯乃なない→ただの名無い

未だ考え中と大差ありませんが、一応人の名前っぽいのでOKです。
OKなんですったら!

さて、元々DLmarketというのは電子書籍販売サイトのようですが、オプションとして実際の本も製本直送と連携して販売可能なようです。
実物の本だけの販売はできないようですが、電子データをダミーにすることはできるようです。
そんなわけで電子データはダミーデータにして、電子版は0円、製本セットが1500円にしました。

え……1500円?
千円しなかったのでは?

販売するとなると手数料が追加されて……そんで普通に千円超えまして。
そこまでいくとどうやっても『割高感』が拭えず、「こうなればいくらでも一緒だ! 千円超えれば誰も買わねえよ!」とちょこっと利益のせてみたところ1500円になってしまいました。

うん、正直誰も買わないと思うんだ。
買ってくれとも言わない。
言えるわけがない。
だって無料で見れるのと中身全くおんなじだもの。

とりあえず言いたいのには以下の二点。
・製本安いぞーーーー! 自分で作ったものを製本すると楽しいからどんどんしようよ。
・そのままお金掛けずに販売できるよ! 売れなくても、なんかお店に出しておくと楽しいじゃん!

というわけです。

【製本】親戚の小学生の算数の問題がおかしい
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=306449

なんだか楽しくなってきたので、どんどん製本してどんどん販売店に登録していきたいと思います。
そんな今日このごろ。

コメントはこのブログではなく小説家になろうの活動報告へどうぞ!

P.S.
売上履歴を見たら、買ってくれた人が一人居たせいで舞い上がっておりますw
生きているうちに三冊ぐらい売れるだろうか……←リアルな目標
posted by 唯乃なない at 00:16| 自分の作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。