2015年05月30日

ブログ移行しよう

これまで、Seesaaブログでいろいろ書いていたわけです。

デザインも何度か変えました。
最初のデザインでは文字が小さいので、文字サイズ変えたりもしました。
しかし、やっぱりイマイチしっくりこなくて……

そしたら、WordPressというブログソフトを知ったわけです。
というか、知ってはいたのですが眼中になくて無視していたのですが、「WordPressでこういうサイト構成つくれるよん!」という例を見て「これこそ自分が求めていたものだ!」と再発見したのです。
そんなわけで、WordPressに移行します。
Seesaaさんごめんなさい。
無料でいろいろありがとうございました。

敢えてお金を払ってWordPressに移行します。
サーバーをレンタルする必要があるので、いろいろ調べた結果、評判がいいXサーバーに移行することに。
って、初期費用3000円で月1000円で、初年度1万五千かぁ……高いなぁ……

まぁしかし、しっくりこない状況だと記事更新もはかどらないので無理やり移行します。
ペンでもノートでもキーボードでもパソコンでもブログでも、普段使いのものは「しっくりくるもの」を選ばないことには何事も捗りません!!

移行しますというだけなのに、我ながらムダに長い記事だなぁ……

唯乃なないの庵
posted by 唯乃なない at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

自分の小説のPV数を100倍にできる方法?

「小説家になろう」で短編は149,121作品あります。
その中で私が書いた「親戚の小学生の算数の文章題がおかしい」は6位です。
ちょっとまって、おかしいでしょ?
今更ながら、本気で納得がいかない。
6 / 149,121 (2015/5/24時点で)
どんなエリートだよ!
ありえないだろ!!
なんで、こんなに自分の作品がうけとるねん……。

ということを考えていくと、この本の広告戦略の一部をカスっていたためだと思われる。
ってことは、この本の指針に従って小説を発表していけば、同じかそれ以上のことができるわけじゃないか?
もしかして、またあんな異様な人気作品を作ることができちゃったりする?

ってなわけで、小説を書いている人は、こいつをマスターすれば自分の作品のPV数を10倍〜100倍ぐらいにできる可能性があります。
偶然、カスッてただけの自分でも上に書いたみたいなありえない実績を叩きだしたので。

逆に言うと、この広告の完全戦略を無視していると、それまでの自分の作品みたいに誰にも見られないままだったと思う。

これ結構怖い。


ということで、読者数を増やしたい小説書きは普通に買ったほうがいいと思う。
逆に、読者数をこれ以上増やす必要がない人は買わなくていい。


実際、広告と小説って実はすごく近いと感じた。
なにしろ、小説も広告も目的は「読んでいる人に伝えること」。
小説はその点あんまり努力していない気がする。
言い方は悪いけど「作者は書きたいように書くから、読者ががんばって読み取ってね」という気持ちが皆どこかにある気がする。
しかし、広告の方はそんな甘ったれた考え方はない。
「伝わらないのは広告が悪い。伝えるにはどうすればいいのか。どんな大金かけてもでも一番いい方法を探すぞ!」という考え方で、超気合入れて戦略を作っている。
小説家が読むと「え、伝えることのためにそこまで金を書けて研究するの!?」と驚きますよ、マジで。

で、広告は広告、小説は小説で全然関係なくて、広告業界の大金をかけて研究した結果が小説に全く使えないのかというと、これが全然そうじゃなくて……。
むしろ、すごい使える。
偶然カスッていた自分の作品が分不相応にヒットしちゃったみたいに。


ただし、この本を読むときは以下の読替えが必要。

広告の目的は人に行動させること。
→小説の目的は人に読んでもらうこと。

ここだけ読み替えながら読むと、めっちゃこれは使える。


27ページの「その商品が自分のために何をしてくれるか、その商品が自分の生活をいかによりよく、より幸せに、より満たされたものにするかということを消費者は気にかけているのだ」という一文はガツンと来る。
小説に読み替えると……「俺の書いた作品はこういう凝りまくった設定だ!」というのは読者にとってはどうでもよくて、読者が「なにがおもしろいから私に読めっていうの?」という疑問に答える紹介が必要ということだ。
自分の小説はタイトルがずばり「なにがおかしいか」を示していたからヒットできたんだと思う。

あと他には……

・LF8(8つの本能的欲求)
これにそって人物の動機づけすれば、ものすごく納得できる話になりそう。

・頭のなかの動画を演出する
この項目読んで思わず吹き出したw
小説の書き方本とかは、こういうの書いてくれよ!

・質問の力
タイトルに使えばめちゃ効果ありそう

・おばあちゃんルール
意識したほうがいいかもしんない……

とか、まぁ、小説に使えそうなアイディアてんこ盛り。


普通に買って損はないというか、普通に買ったほうがいいと言うべきか。


上で言っていることは全部本当のことだけど、なんで面倒くさがりな自分がこんな長文で紹介文を書いているか?
それはズバリ広告料。
いや、他にも「紹介したら役立つだろうなぁ」という本はあるんだけど、正直書くのがめちゃくちゃ大変なのよ。
小銭にうるさい性格のお陰で、なんとかこの本の紹介文は書けました。

ということで、下のリンクから買ってもらえると私に一部お金が入ります。
(いわゆるアフィエイトというやつです)

現代広告の心理技術

普通にいい本なので、買える人は買うべきだと思うけど、できれば上のリンクから買ってくれると私は大変嬉しいのであります。
(嫌だ!死んでも嫌だ!という人は、検索エンジンで「現代広告の心理技術101」というキーワードで検索してダイレクト出版から直に購入してくださいな)

創作関係の本もたくさん買いあさっているし、他にも雑多な資料も相当買いあさっている。
そんなわけで書籍関連の出費がバカにならないので、少しでも戻ってくると結構助かるんで……(汗;

でも本当に広告技術と小説の関係性はバカにならない。
広告技術を小説の世界に持ち込まないなんて、もったいなさすぎる。

時間は掛かりそうだけど、「広告技術を応用した小説の書き方」の電子書籍とかも書いてみたいなと思っている今日このごろです。

とりあえず、現代広告の心理技術読んで自分の小説に活かしてみるといいと思う。
posted by 唯乃なない at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

残念なノートを作ったけど、残念さが足らず、むしろ価格のみが残念になった件

ふっと、ネタを思いつく。

ノートに書こうと思ってノートを開く。

しかし、ノートがなんとなく真面目な雰囲気を放っている。(元々勉強・仕事用に使われるものだし)

なんか盛り上がっている気分が少し冷めて、ネタを書く熱量が下がっていく……。



この問題を解決したい!

どうすれば……どうすれば……

よし、ノートが真面目な雰囲気を放っているからいかんのだ! ダメダメな雰囲気のノートをつくろう!

書こうと思った瞬間に真面目な雰囲気に侵食されることもないし、「け! こんなノート、全然もったいなくないね!」という気分になって遠慮せずにドカドカネタを書けるはずだ。

よし、つくろう!



……ということで、製本サービスで作ってみた。

うん、ノート作成サービスではなく、普通の製本サービスで作りました。

万年筆で裏抜けしにくい紙質を指定して白原稿で作成依頼すれば、ノートになるかなぁと。

「よし、残念で手抜きな感じにするぞ!」
「印字ミスっぽく、あえて文字を傾けるぞ!」

ということで出来た結果がこれ。

top.png

bottom.png

inside.png

「手抜きなデザイン」

「微妙に傾いた表紙+裏表紙の文字」

そこは達成した。
しかし、イマイチインパクトが足りない。

残念さが……足りないっ!!

そして、わかっていたことだが、値段が割高すぎる。

別の意味で残念なシロモノになったぁぁぁぁ!!!!

なんでこんなもん作ったんだっけ!?

あれ、意味わからなくなってきたぞ!?


仕方がない、せっかく作ったんだからDLmarketに登録だ!

↓買えます。不当に割高です。

DLmarketの【唯乃なないの残念ノート1】



なんで作ったんだろう……


どうすれば残念なノートになるか考えていこう。
とりあえず、現時点でも紙質は許容範囲内です。
一応万年筆でも裏抜けしてないので、安物ノートとしては使えそう。
(安くないけど)
posted by 唯乃なない at 17:39| Comment(0) | 販売物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。