2014年05月21日

投稿済みの短編小説【短編ギャグ】「魔法少女に定年はない」「いきなり世界がRPGになった」「内容がない小説」

すでに投稿済みの短編を記載。

短編ギャグ 【お題:魔法少女】 魔法少女に定年はない
http://ncode.syosetu.com/n1683by/

小説を書く意欲がかなり高かった時に、弟(たまに小説を書くこともある)に「なんかお題くれ」と言ったら「魔法少女」と言われたのでがんばって書いてみた作品です。
魔法少女の「少女」というところに引っ掛けてみました。
少女はいずれ女になり、おばさんになり、おばあさんになり……。
しかも、魔法少女に定年制度があると聞いたことがありません。
ということは、たしかに最初は「魔法少女」かもしれませんが、だんだん見ていて見苦しいことになるのでは……
という妄想をふくらませまくって書いてみたギャグ小説です。
「鈴木さん(プリティブルー)」が好評でした。

「短編ギャグ いきなり世界がRPGになった」
http://ncode.syosetu.com/n5471by/

かなり昔に書いた作品(ヘタしたら10年とか)だけど、久しぶりに見てみたら好みのネタだったのでそのまま投稿したもの。
ただし、「小説家になろう」でみやすいように改行ぐらいは追加しています。
そうとう昔に書いたものなので、細かい意図なんてもはや不明だけど、「RPGで普通に起こっている現象をまともな人が体験したらどう感じるか」をテーマに書いたのだと思われます。
予定よりも大分短く終わってしまっていて、理由は「会話が成り立たなくて書くのが辛い」から。
結局、今も昔も会話を書きたくて小説を書いているところがあるので、主人公以外が全員壊れちゃっているこの世界では会話が成り立たないので書いててなんだかつらかった記憶があります。
作者的にはそんな記憶がありますが、要はただのギャグです。

内容がない小説
http://ncode.syosetu.com/n9134by/

酷いタイトルです。
もうちょっと題名ぐらいなんとかならなかったのか、自分。
風邪を引いて高熱を出している時に寝てばかりも居られずに数行愚痴を書いたところ、なぜかそこから物語が始まってしまった作品。
風邪ひきさんの日常を一人称で淡々と描いた、自分らしからぬ作品。
今読んでも自分が書いた感じがしない不思議な代物。
今読むともっと先が読みたくなるけど、継ぎ足してもいい終わり方が見えないので、このまま投稿してあります。
posted by 唯乃なない at 23:08| Comment(0) | 自分の作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。