2015年05月16日

残念なノートを作ったけど、残念さが足らず、むしろ価格のみが残念になった件

ふっと、ネタを思いつく。

ノートに書こうと思ってノートを開く。

しかし、ノートがなんとなく真面目な雰囲気を放っている。(元々勉強・仕事用に使われるものだし)

なんか盛り上がっている気分が少し冷めて、ネタを書く熱量が下がっていく……。



この問題を解決したい!

どうすれば……どうすれば……

よし、ノートが真面目な雰囲気を放っているからいかんのだ! ダメダメな雰囲気のノートをつくろう!

書こうと思った瞬間に真面目な雰囲気に侵食されることもないし、「け! こんなノート、全然もったいなくないね!」という気分になって遠慮せずにドカドカネタを書けるはずだ。

よし、つくろう!



……ということで、製本サービスで作ってみた。

うん、ノート作成サービスではなく、普通の製本サービスで作りました。

万年筆で裏抜けしにくい紙質を指定して白原稿で作成依頼すれば、ノートになるかなぁと。

「よし、残念で手抜きな感じにするぞ!」
「印字ミスっぽく、あえて文字を傾けるぞ!」

ということで出来た結果がこれ。

top.png

bottom.png

inside.png

「手抜きなデザイン」

「微妙に傾いた表紙+裏表紙の文字」

そこは達成した。
しかし、イマイチインパクトが足りない。

残念さが……足りないっ!!

そして、わかっていたことだが、値段が割高すぎる。

別の意味で残念なシロモノになったぁぁぁぁ!!!!

なんでこんなもん作ったんだっけ!?

あれ、意味わからなくなってきたぞ!?


仕方がない、せっかく作ったんだからDLmarketに登録だ!

↓買えます。不当に割高です。

DLmarketの【唯乃なないの残念ノート1】



なんで作ったんだろう……


どうすれば残念なノートになるか考えていこう。
とりあえず、現時点でも紙質は許容範囲内です。
一応万年筆でも裏抜けしてないので、安物ノートとしては使えそう。
(安くないけど)
posted by 唯乃なない at 17:39| Comment(0) | 販売物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。